さかきの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 環境問題

<<   作成日時 : 2007/02/09 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

昨日TV見ていて、今の地球が危機的状況だと改めて思いました。

CO2が多すぎる事による地球温暖化が、一番の問題らしいです。

数年前までの予想では、まず100年くらいは大した影響は無いだろうって言われていましたが、ここ何年か色々な予期せぬ出来事や異常気象が観測され、最近では状況がかなり緊迫しているものだと判ってきたようです。

大国である中国の環境汚染、南国の島などの森林大量伐採などあるのでしょうが、日本でも車などの排気ガス、エアコンなどのフロンガス放出など問題になってきています。
例えば割り箸だけでも、年間かなりの木材を使用しているみたいですし、他にも低コスト大量生産の木製の物がたくさんあります。
箸に関しては、こういうコラムもありますので参照下さい。
http://www.ecoecorecycle.com/column/column05.html

道路や街の開発も経済効果を期待しての利便性や車の渋滞緩和などを重視した開発となっています。
街中に行くと、自転車の停める場所も少なくサイクリングロードも一部しか無いので、不便です。
昨年から自転車に乗る機会があるのですが、自転車に対する人間の意識の低さに驚いています。

歩行者も自転車が軽車輌だという意識がまったくありませんし、自転車も多くの人が信号を無視したり対向してくる自転車や歩行者を見てなかったり、交差点でも確認などせずに突っ込んで来ます。
車やバイクに乗ってる人達は、自転車は歩道しか走ってはいけないと思い込んでいます。
道路も、本当は車道の左端を走る事となっているはずの自転車が通行困難な作りになっている場所もあります。
例えば、歩道が無かったり極端に狭かったり、酷く歩道が荒れていたり、路肩が無かったり...。

この環境では自転車を乗るようにして環境問題に取り組んだりなど出来ないですし、みんなの自転車に対する意識や運転マナーにも問題があります。
東京あたりでは放置自転車も問題になっているらしいです、いろいろ対策を錬っているらしいのですが、使わなくなって捨てるのに費用を払ったり、処分に面倒な人が置いて行くのでしょうから対策もあまり効果は無いと思います。

今のままですと21年後には産業改革前より平均気温の上昇は2度を越えるらしいです、数年前までは2度越えるのは100年後で、海面が1メートル上がるって程度しか言われていませんでした。
最近の資料では。

平均気温が1〜2度上がった場合
・熱による死亡や病気、異常気象による災害が増える
・自然生態系への依存度が高い地域では、生活への悪影響が大きくなる
・乾燥地帯では、水不足や水質悪化が進み、約5億人がその影響を受ける
・海面上昇によって沿岸の湿地帯が10%まで消失する  など

平均気温が2〜3度上がった場合
・途上国、先進国を問わず、経済の悪化が起きる
・現在よりさらに5000万〜1億2000万の人々が飢餓の危険に直面する
・30億人が水不足の危険におちいる
・現在よりさらに1億人以上が、洪水の危険にさらされる
・3億人がマラリアの危険にさらされ、デング熱の危険地域も広がる
・サンゴ礁の消滅や、種の絶滅によって漁業に大きな被害が出る  など

らしいです。
このままでは寿命で死ねる時代では無くなってしまうんですね。

ですが、文句言ってばかりでも仕方が無いので、そろそろ通勤をチャリメインにしてみようかと思います。
あと、携帯箸も手ごろな価格のものがあるみたいなので、面倒ですがGETして持ち歩こうかと思います。

もっと、テレビやマスコミが動いて国が徹底して対策が出来るように、理解を深める努力をして欲しいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
環境問題は、大切ですね。
でも、割り箸は、そのために木を切ってはいないとか、くず材で作っているそうです。そして割り箸を作っているのは、知的障害者の施設だと、むかし永六輔がラジオで言っていました。彼は森林伐採と割り箸問題をつなげることは、ちょっと違うって言っていました。
どれが正解か私にはわからないけど、一人ひとりが、ほんの小さなこと、こんなことをしてもたいしたこないと、いうことを気をつければ大きく代わるんでしょうね。
やんじ
2007/02/10 00:41
ラジオでの話は、いつの話かわかりませんが現在は違うみたいです。
1989年に国内産は輸入物より少なくなり、90年後半には約9割が輸入割り箸となりました。
現在は、ほとんどが中国から輸入しています。
ただ、昨年秋に中国が今までの倍の価格を要求してきた為、最近箸の有料化などの話題がでています。
中国は、国土の1割程度しか森林が無いのに、今まで何にも考えずに伐採してきた為、「ちょっとやばいじゃん」って感じになって輸出規制する方向になっているみたいです。

年間に約300億膳消費されているらしいですが、国内の木材使用量から考えると微々たる物なので、簡単に考えられているのが現状らしいです。
でも、他の物とは違い使い捨てなので、一人一人の心がけで減らすことが出来るという面からすれば、もっとちゃんと考えてみたいと思いました。
さかき
2007/02/10 21:43
補足です。

価格は上がりますが、現在の中国産の割り箸を辞めると環境問題とはならない気もします。

説明が難しいので、こちらでもご覧下さい。
http://wo8.jugem.jp/?eid=18
さかき
2007/02/10 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
環境問題 さかきの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる